首こりが原因?スッキリと毎朝起きるためにはどうしたらいいの?

Q.png【質問】首の凝りがひどく困っています。
自宅でできてよく効く解消法を教えてください。

毎朝、首の凝りを感じながら起きています。

朝、起きると同時に首のマッサージをし、油の切れたぽんこつロボットのようなギシギシいう体を、
少しずつ動かしながら、着替えます。
正常に体が動くようになるまで、10分くらいかかります。

少し前までは、首や肩の周りが凝ってきたなと感じ始めるのは
夕方近くになってきてからでしたが、
ここ最近は、寝起きの段階で凝っています。

首を回したり、肩を回したり、腕を回したりと少しストレッチをすると
一時的に血行がよくなるのか症状が治まりますが、
またしばらくすると痛みが走ります。

事務職のため、机に座ってほぼ1日仕事をしているのですが、
やはり血行不良が原因なのでしょうか?

水泳やエアロビなどを同僚に勧められたりもしましたが、
どうもそういうものには抵抗があって通う気になれません。

漢方薬などもいいよ、などと言われたりもするのですが、
漢方薬は飲めば改善しますが、飲むのをストップしてしまったら、もとの症状が戻ってくるのだろうと思います。

家でできるオススメの凝り解消法などはないものでしょうか?

最近ふと思うのは、夕方に出る凝りの症状は単なるデスクワークによる肩こりで、
朝から感じる首の凝りは、別のところに原因があるのではないかということです。

それを知るためにも、首凝りや肩凝りに、このマッサージをやれば効く、この寝方を真似れば大丈夫、
このストレッチで解消されなければ、ただの凝りではない、
などの効果のある解消法を教えてください。

■首こりの原因は?

デスクワークの長い人や運転時間の長い人で首こりに悩んでいる人は沢山います。
長時間のパソコン作業や車の運転はコリの間接的な原因になるのです。

コリの原因は筋肉の疲労です。
パソコン作業などで長時間にわたり同じ姿勢をとっていると肩の筋肉が疲れてきます。

すると血行が悪くなって筋肉の疲労が溜まっていって肩こり首こりになってしまいます。
また、肩・首こりはストレートネックからくる症状でもあります。

頭痛や吐き気、悪化してきたら手や腕が痺れてきたりもします。
首の周りには脳へ血液を送る役割を果たしている欠陥もあります。

血行が悪くなり肩がこると脳への血液も行き届かなくなります。
そうなると頭痛や吐き気よりも重大な脳の病気、脳梗塞などにもなりかねません。

パソコン作業では不良姿勢にならないように心がけましょう。
車の運転の際は長時間の続けての運転は避け、ストレッチをしつつ運転しましょう。

■重い症状のコリ、どうしたらいいの?

コリが悪化してくると、夜の睡眠も十分にとれない日が続いたりします。
朝起きた時に疲れが残っていたりスッキリ起きれないなどの症状も起こります。

症状の改善には専門病院への通院をするのが良いでしょう。
整形外科、整体院などの病院が良いと思います。

整形外科では骨折やねん挫、関節や骨、筋肉の症状について診てもらえます。
もちろん、腰痛や肩こり、首こりなど、それにストレートネックなどでも受診している人も。
お気軽にお近くの整形外科のお医者さんに症状を相談してみてください。

整形外科では病院によりますが電気療法や牽引、それに服薬療法も行います。
そして場合によりマッサージをして血流を良くしてくれます。
血流を良くすることでコリの症状を緩和させるのです。

整形外科での治療を続けても症状が緩和されないという場合もあります。
骨が元々曲がっている、骨盤が歪んでいるなども肩・首こりへの要因の一つになるからです。

そう言った場合は整体院などへの受診をしてみても良いでしょう。
整体院では服薬治療や手術を行わずに手技での施術を施します。

身体の歪みを正して正常な状態に身体を戻してあげることで症状の緩和を図ります。
肩こりやストレートネックの症状で悩んでいる人は身体が歪んでいることがほとんどです。

正常な身体に戻してあげることで根本的に症状を改善させることが出来るのが整体院です。
ただ、整形外科では健康保険が適用されるのに対して整体院ではほぼ適用されません。

料金は平均して初診7000円、2回目以降6000円と、少々高くなります。
しかし保険の適用範囲を考慮せずに施術してもらえます。
そのため満足のいく施術を期待できるでしょう。

また、病院によっては初回クーポンなどの発行も行っているます。
ホームページなどにも載っていると思いますのでご確認してみてください。

■自分でも症状を解消できる?

病院での治療は勿論必要ですが、自宅や職場でのストレッチなども必要となります。
しかし、あくまでもまず専門の先生に相談してから、ストレッチを行ってください。

個人的な判断でストレッチを行ってしまうと逆効果になってしまいます。
インターネットを開くと色々な種類のストレッチ方法があります。

タオルで作った枕、テニスボールでのストレッチ。
いずれも首の頸椎に直接関係してくる解消方法です。

症状が酷いときに行ってしまうと頸椎が逆に曲がってしまう可能性があります。
やりすぎにも注意です。

デスクワークの最中などに背筋を伸ばしたり肩を回してみたり。
個人で行うのなら適度なストレッチが良いでしょう。

よく首や骨をボキボキ鳴らしてしまう人もいますが、そちらも注意が必要です。
関節の炎症や損傷をまねく恐れがあります。
鳴らすクセがついている人はすぐにやめてください。

また、寝ている間にもコリが酷くて良く眠れない人もいますよね。
そんな時は専用の枕を使ってみても良いでしょう。

安眠枕やストレートネック専用の枕の紹介をしてくれる病院もあります。
症状の相談の際にお医者さんに訊いてみても良いでしょう。

治療において気を付けるべき点は日常の姿勢、生活です。
高いお金をかけてもずっと猫背ですと症状も緩和されません。
自分自身でも日頃正しい姿勢を心がけてより早い症状の緩和を目指しましょう。

症状

酷くなる前に通院しよう。息苦しい首のこりには適切な処置を。

Q.png【質問】肩こり、首こりと息苦しさの関係は?

10年以上も肩や首の凝りに悩まされ続け、
時を同じくして、息苦しさも伴うようになりました。
息を吸っても、酸素が肺に入っていかず、喉の部分に
とどまってしまう感じです。

昔、一度心配になり呼吸器内科で診てもらいましたが、
異常は特になく、精神的なものだという診断でした。

精神的なもの、と思いながらこれまで生活してきましたが
最近ネットで調べてみたら、凝りが原因で息苦しくなる
場合があるということを知りました。

凝りと息苦しさに因果関係があるとは思ってもみなかったのですが、
確かに自分はとてもつない凝性です。
仕事は一日中デスクワークですし、猫背であると当時にストレートネック持ちで、
背筋も腹筋もありません。

特に首凝りがひどく、猫背のせいか、首がいつも前に出ているような気がします。

凝りはどうにかして改善したいと思い、接骨院へ行ったり、
猫背にならないよう背筋をピンと伸ばしたり、
スチレッチボールをしたり、寝る時はタオルを丸めて首の下に敷いて眠っってみたりしています、

でも凝り以上に最近は息苦しさがひどく、泣きたくなるくらいです。本気でどうにかしたいのです。

そこで詳しい方にお聞きしたいのですが、息苦しさと凝りには関係があるのでしょうか?
私のような症状の場合、凝りを優先的に改善すべきですか?
それとも息苦しさの根本的な原因を病院で診てもらうべきでしょうか?
その場合、何科へ行って相談するのがいちばん近道ですか?

自分の息苦しさは凝りに原因がるのか、息苦しいから凝るのが、本当に分からなくなりました。

同じ経験をされたことのある方で、今は改善されているという方、ぜひよきアドバイスをお願い致します。

■酷い首こり、どうしたらいいの?

仕事や生活環境で長時間パソコン作業や車の運転をしている人がいますよね。
その大半が首や肩のコリに悩んでいます。

猫背が原因で頭が前に出てきてストレートネックになってしまったり。
肩や首のコリが原因で痛みを発症してそれを庇うために他の箇所が痛くなったり。

酷いときには頭痛や吐き気、眩暈があります。
息苦しを覚えたり食べ物を飲み込むのも辛くなったりします。

ほおっておくと重大な病気になってしまったりします。
首の周りの血管には脳に血液を送る重要な役割を果たしているものもあります。

その血管の周りの筋肉が疲労して首や肩がこってしまうと血流が悪くなります。
すると脳梗塞などの脳の病気にもなってしまうのです。

早めに専門の病院に行ってお医者さんに診てもらうのが良いでしょう。
インターネットなどで調べると色々な解消法が出ています。

しかし素人知識でストレッチやヨガなどを始めてしまうと逆効果になる可能性もあります。
タオルを丸めて作る枕、テニスボールでのストレッチ。

お医者さんに相談のうえで行うのであれば何の問題もありません。
自己判断で行うと首の頸椎が逆側に曲がってしまう可能性があります。

ストレートネックも辛い症状が出ますが、それ以上に大変な症状になりかねません。
自己流で治そうとする前にまずはお医者さんへの相談が大切です。

■何科に行くのがいいの?

整形外科や脳神経外科、神経内科など病院も色々あれば科も様々です。
肩こり、首こり、ストレートネックでの受診はまずは整形外科に行くのが良いでしょう。

整形外科ではねん挫や骨折、突き指など、骨や筋肉に関する症状を診てもらえます。
肩こりくらいで通うのはためらわれる人もいますよね。

でも整形外科の患者さんの中には肩こりや首こりで通院されている人も沢山います。
交通事故の後遺症、デスクワークでの首痛、お気軽に相談してみてください。

すでに肩こり、首こりが悪化して頭痛や吐き気の症状がある人もいます。
そういう場合は先に脳神経外科への受診をしてみても良いでしょう。

脳神経外科では文字通り脳の病気を診てくれます。
すでに血流が悪くなって脳梗塞の症状が出始めている場合もあります。
症状は詳しくお医者さんに伝えてください。

神経外科などは首こり肩こりで最初に通う人は少ないと思います。
コリからくる症状の他に神経の病気などがある場合はこちらの受診でも良いと思います。

その他にも整骨院、整体院、接骨院などもあります。
整骨院接骨院では健康保険が適用される場合もあります。
整体院では使えない場合が多く見られるので、初めに確認してみてください。

整形外科に通院しても症状が一向に変わる気配がないこともあります。
そういう場合は整体院などへの受診も考えてみても良いかもしれませんね。

■治療にあたって気を付けることってある?

首こり肩こりは日頃の生活習慣、姿勢の悪さが原因です。
いくら高いお金をかけて通院したり治療したりしても根本を改善しないと意味がありません。

通院、治療をされている場合はお医者さんに相談してみてください。
個人でできるストレッチなどを訊いてみても良いでしょう。

また、普段動く機会が少ない人はウォーキングなどを取り入れても良いと思います。
全身の筋肉を均一化させて、部分への負担を減らすことを心がけましょう。

症状

熟睡できない?酷い首こりは睡眠中の妨害にもなります。

Q.png【質問】ここ何年も睡眠中の首の凝りに悩まされています。
どこか悪いのでしょうか?

ここ何年も、睡眠中に首が痛くなり熟睡できません。
床に入ると寝つきはいいのですが、そのまま熟睡で朝になることはありません。
寝苦しさから目が覚めてしまい、首が凝っているのに気づきます。
その後、もう一度眠ろうとするのですが、結局ウトウトしか眠れず、何度も夜中に首を抑える始末。
凝りがひどい時には、寝るのを諦めて起き上がってしまいます。

これって何か病気なのでしょうか?
よく寝てる間の無呼吸が原因で肩が凝ったり首が凝ったりすると聞いたことがあるのですが
本当でしょうか?

自分が無呼吸症候群なのか自分ではよく分からず、一緒に寝ている家族も
夜は一度も目が覚めないらしく、私が無呼吸かどうかは分からないと言われました。
でも夜中に息苦しくなったり、一瞬、詰まったような呼吸になり、目が覚めてしまうこともあるのは確かです。

無呼吸症候群と首こり、肩こりの関係について詳しい方にお尋ねします。
私のような症状は、無呼吸症候群の可能性はあるのでしょうか?
無呼吸かどうかを調べるには、どうすればよろしいのでしょうか?

家族に夜中に見ていてもらうというのは、家族にも迷惑がかかるので
極力したくありません。

でも自分で無呼吸の可能性があるかどうかは知りたいと思っています。
病院へ行けば分かるものなのでしょうか?
その場合、何科へ行けばいいのでしょうか?

切実に悩んでおります。
どうぞいいアドバイスをお願い致します。

■使ってる枕、身体にあってる?

人間にとって睡眠は貴重な休息時間です。
しかし中には良質な睡眠時間をとれていない人も少なくはありません。

そんな人に多いのが合わない枕を使っているということです。
合わない枕を使うと首がこってしまって良質な睡眠の妨げになってしまいます。

良い睡眠をとるために首を休めるために自分の身体に合った枕を使ってください。
高さやサイズが合わないだけで夜中に起きてしまう確率が上がります。
身体や首に負担を少なくする時間を作ることが良質な睡眠に繋がります。

初めから枕が合っていない人もいますが、そうではない人もいます。
最初は熟睡できていたのに首がこってきたせいで枕が合わなくなるケースです。

そういう時は枕を変えてみてください。
きっと良質な睡眠がとれるようになると思います。

しかし枕と言っても安眠枕など特殊な枕は少々お値段がはりますよね。
肩こり首こりの専用枕やオーダーメイドになるとそれ以上してしまいます。

変える余裕がない場合はタオルなどを使って高さの調整をしてみてください。
それだけでも大分身体がラクになるはずです。

■寝る前にも工夫をしよう

肩こり、首こりの原因は筋肉の疲労です。
運動不足などが原因で一部の筋肉だけを使いがちになってコリが発生します。

あまり動く機会が少ない人は寝る3~5時間前に軽い運動をしてみてください。
夕方くらいにウォーキングしてみるだけでも身体の筋肉運動を促すことができます。
まんべんなく筋肉をつけることで運動不足の解消になり、体温を上げることもできます。

寝る前に手や足を温めるのも効果的です。
手足を温めることで副交感神経が活性化するのでリラックスできるのです。

お風呂は38度前後のぬるま湯がベストです。
肩まで全身浸かってしまうと心臓が水圧で圧迫されてしまいます。
すると逆に疲れ切って眠るどころではなくなってしまうので注意しましょう。

首こりの症状を緩和するためには十分な睡眠で1日の疲れを癒すことが重要です。
しっかり寝るためにも熟睡するための準備を寝る前に整えておきましょう。

■あなたの寝室は寛げますか?

良質な睡眠には枕や寝る前の環境も大きく関わっていますが、それだけではありません。
より質の良い睡眠をとるためには寝室の状態も大きく関わっています。

よく睡眠時に携帯やスマホ、タブレットを使っている人がいますよね。
実はこの機会の電磁波が睡眠の妨害になっているのです。

電磁波を浴びていることで熟睡状態に入るまでに時間がかかってしまいます。
また、熟睡時間の短縮にもなってしまうのです。

メールやラインをしながらいつの間にか眠ってしまう、なんてことよくありますよね。
良質な睡眠を得るために、少し我慢してスマホなどの利用は控えてみましょう。

その他にも適切な温度設定やアロマオイルの使用も効果的だそうです。
冷房の場合、25~28度、暖房は18~22度に設定すると良いでしょう。

身体をリラックスさせるためには香りも大切です。
アロマオイルや入浴剤をお風呂に使ってみてください。
心も体もリラックスして熟睡できると思います。

症状