頚椎椎間板ヘルニア?スマホの使い過ぎで起きる首の異常

Q.png【質問】頸椎椎間板ヘルニアで接骨医院や整形外科を受診した場合、国民健康保険は適応されますか?

長時間のスマートフォン操作にプラスして、
仕事でも家でも寝る寸前までパソコンの前で操作をしていたり
してたら、最近、首が痛くてなりません。

凝っているというのははるかに超えていて、顔を横に向けたり
首を上下に動かすことも痛くてままならないくらいです。

今、急増している「ストレートネック」ではないかと言われますが、
自分では頸椎椎間板ヘルニアではないかと思っています。

というのも、痛みの度合いが、刺されるような痛みの時があるからです。
夜も、ウトウトしては首の痛みで目が覚めてしまう、
そんな日が続いています。

こうやって自然治癒を待っていても、苦痛なだけなので
早いところ病院へ行ってみようと思っていますが、
どこに(何科)にかかれば良いのは正直分かりません。

頸椎椎間板ヘルニアの可能性があるとした場合、
接骨院や整形外科で初診してもらうのがいちばん良いのでしょうか?

ちなみに接骨院や整形外科は国民健康保険は適応されますか?
両方とも適応される場合は、接骨院と整形外科、どちらが良いですか?
また、他にこんな医療機関にかかるといいよ、というような
医療機関がありましたらぜひ教えてください。

よろしくお願い致します。

■あなたもスマホ症候群かも?

スマホ症候群という病気をご存知でしょうか?
現代病とも言える病気の一つで、スマホを長時間使用することで起きる諸症状を言います。

長時間うつむいたままスマホやiPhoneを操作している人も少なくないと思います。
前はずっと同じ姿勢でスマホを使っていても平気だったのに最近は体調に支障をきたす。
急に気分が悪くなったり頭痛がする、腕がうまく上がらなくなったなど、ありませんか?

それはスマホ症候群が原因になっているのかもしれません。

・スマホやパソコンを使うと肩こりや首こりを感じることがある

・パソコンを1日5時間以上使う

・姿勢が悪く、猫背だ

・天井を見ようとして上を見ると首に痛みや違和感を感じる

・目が疲れやすく、ドライアイになってしまっている

2つ以上項目に当てはまるのであればスマホ症候群の可能性が高くなります。
最近何だか調子が悪いという人はスマホ症候群を疑ってみましょう。

スマホ症候群の症状は主に肩の周りや首の周りに発症します。
痛みや痺れ、運動神経を傷つけてしまうと動かしにくくなることもあります。

・スマホ肩、スマホ肘

スマホ肩は重度の肩こりや痛み、悪化すると腕を挙げることが難しくなります。
スマホ肘は腕の痛み、しびれを発症します。

・ストレートネック

ストレートネックはその名前の通り、首の湾曲がなくなりまっすぐになってしまうことです。
首痛、めまい、頭痛、疲れ目などが症状に挙がり、酷くなるとウツ症状も引き起こします。
症状は人により変わってくるので病院で診察するのが良いと思います。

スマホを長時間使い続けるだけでこのような症状が発症してしまいます。
症状の悪化や発症を防止するためにも意識して姿勢を正しくすることを心がけましょう。

■頚椎椎間板ヘルニア

頚椎椎間板ヘルニアは椎間板ヘルニアが首部分で起きている状態を指します。
椎間板は中心部の髄核と周りの硬い壁の繊維輪で構成されています。

髄核が繊維輪を突き破って飛び出してしまった症状を椎間板ヘルニアと言います。
首の頸椎でこの症状が起きることを頚椎椎間板ヘルニアと呼びます。

椎間板ヘルニアには膨隆型と脱出型という2種類の症状があります。
脱出型はその名前のとおり髄核が繊維輪を破って飛び出した状態。

髄核が神経根を強く圧迫するため激痛を伴います。
しかし髄核をもとの場所に戻せば良いだけなので、症状の緩和は比較的早くなります。

膨隆型は脱出型とは異なり、繊維輪が変形してしまい、髄核と繊維輪が一緒に飛び出します。
そのため神経根を強く圧迫せず、弱い痛みが長く続きます。

膨隆型は脱出型と違い、慢性化する可能性が高くなります。
専門医への早めの受診が早期回復へ繋がります。

■治療方法は?

スマホ症候群も頚椎椎間板ヘルニアも筋肉と関節に関わる病気です。
整形外科での診療が良いでしょう。

整形外科では初めにレントゲン写真を撮影します。
レントゲンで判断出来ない場合はMRIやCT撮影が行われます。

治療は投薬で経過を診ることが多くなります。
痛みどめなどで症状を緩和させて急性期を過ぎたころにリハビリに入ります。

牽引や電気療法で血流を良くして細胞の回復を促します。
また、マッサージやストレッチを取り入れる病院もあります。

安静にして経過を診ても症状が変わらない場合、手術を行います。
担当のお医者さんと詳しく話してみてください。

現代病?首の異常はスマホの使い過ぎが原因だった!

Q.png【質問】スマホを操作していると、車酔いに似た症状になります。
何か病気でしょうか?

iPhoneユーザーです。
1時間以上使用していると、車酔いのような状態に陥り悩んでいます。
以前はこういう症状には陥らなかったのですが、
ここ最近は気づくとクラクラしてきて、めまいのような感じだけで
済む場合と、その後に頭痛がきて吐き気がくる時があります。

これは「液晶酔い」なのでしょうか?

昔、子供たちが暗い部屋の中で明るいテレビを長時間見て
気分が悪くなる現象が社会問題になったことがありました。

自分のこの症状は、子供たちが長時間テレビに向かっている現象と同じにあるのでしょうか?

それとも他に専門的な今どきの病気(病名)があるのでしょうか?

友人などに聞いても、みんな毎日、最低2時間はスマホに向かって操作しているけど、
特にめまいなどは起こらないと言います。

自分だけがこんな症状になるので、少し不安です。

何か他に考えられる病気などはありますか?
例えば脳に異常があったりとか、耳の平行を司る部分が
侵されてしまうと、気分が悪くなったりめまいが起こったりすると聞いたことがあるのですが、
そのたぐいの病気の可能性などもあるのでしょうか?

それともただの疲れだったりするのでしょうか?

素朴な疑問ですが、ご回答いただけるととても助かります。
よろしくお願い致します。

■スマホの使い過ぎはよくない?

iPhoneやスマートフォンが普及している現代、肩や首のコリに悩む人も少なくないでしょう。
実際街中を歩いてみると沢山の人がスマホやiPhoneを使用してうつむき姿勢でいます。

ラインなどに夢中になって気が付けば1、2時間同じ姿勢なんてことありませんか?
更にいつもと体調もなんだか違う・・・という人はいませんか?

そんなあなたはスマホ症候群かもしれません。
スマホ症候群とはスマートフォンを長時間使っていることで発症する諸症状を言います。

最早現代病と言っても良いかもしれません。
ずーっとうつむいたままスマホやiPhoneを使っている人。
体調がおかしいと思ったらスマホ症候群かもしれません。

■こんな症状ありませんか?

最近スマホやiPhoneを長い時間使っていて体調が悪くなったという人、いませんか?
下記の症状に当てはまっている人はスマホ症候群の一人です。

○スマホやパソコンを使っていると肩こりや首こりを感じる

○パソコンを1日5時間以上使う

○姿勢が悪い、猫背である

○天井を見ようとしたら首筋が痛かったり違和感を感じる

○目が疲れやすく、ドライアイ

2つ以上当てはまる人はスマホ症候群の@可能性があります。
では、具体的にスマホ症候群とはどのような症状なのでしょうか?

・スマホ肩、スマホ肘

スマホ肩は肩のコリや痛み、腕が上げにくくなるという症状がでます。
スマホ肘は腕の痛みや痺れなどを発症します。

・ストレートネック

本来あるべき首の湾曲がなくなってしまう症状です。
肩こり、眩暈、頭痛、背中の張りなどが症状として挙げられます。
うつむき姿勢が長いことでなる病気です。

・筋膜の癒着

筋膜の癒着や短縮があると動かせる範囲に制限がかかってしまいます。
血流が悪くなり、疲れやすく、感受性が敏感になります。

スマホを長時間使っているだけでこれだけの症状が現れてしまうのです。
ストレートネックでは重症になるとウツ症状まで引き起こします。
当てはまる症状はありましたか?

■症状を予防、悪化を防ぐには?

スマホ症候群の予防法はとにかく長時間の使用を控えることです。
また、スマホを持つ肘の角度は90度を意識しましょう。
頭が下を向かないように意識することで目線が上がって首や肩がラクになります。

少し姿勢が悪いな、と思ったときには軽くストレッチしても良いでしょう。
血液の流れが良くなり、筋肉のコリも改善されます。

あまりやってはいけないのが自己流のコリ解消法です。
すでにストレートネックを発症している場合は逆効果になってしまいます。

首の湾曲がないからと言って無理に湾曲を作ろうとすると逆方向に曲がってしまうのです。
そうなると病院でも簡単には治せません。
ストレートネック以上の重大な病気になってしまいます。

少しでも思い当たる症状がある場合は整形外科など、専門の病院で相談してみてください。
痛みがある場合は痛みどめを処方してくれたり、リハビリで症状の改善を図ってくれます。

しかし、根本的に解決したいという場合は通院だけでは解決になりません。
通院という事態になる前にスマホの使い過ぎを控えることが第一ですね。